4D Fabrication Lab

2005年にスタートした田中浩也研究室では、デザイン工学(エンジニアリング)の視点から、デジタル・ファブリケーションや3D/4Dプリンティングの可能性に国内でもっとも初期から着目し、その先端を開拓してきました。現在は、3つのテーマを軸に研究を深化させています。

ひとつめは、3Dプリンタ/AM/積層構造の特徴を活かした「特殊造形技法」の発明・開拓です。学生ひとりひとりが3Dプリンタを改造したり、世にない独自の3Dソフトウェアを実装したり、機能マテリアルの実験を行う中から、新技法が次々に誕生し、4Dプリンティング、メタマテリアル、アーキテクティッド・マテリアルといった学術領域で成果を出していきます。

ふたつめは、3Dプリンタ/AM/積層構造から生まれる「デザイン言語」の整理・体系化を行うことです。3Dプリンタからは、これまでのような工業製品の人工美とは異なる、親自然的・環境的なデザインのスタイルが生まれつつあります。外部パートナーと協同しながら実践のプロジェクトで経験を深め、具体的な「デザイン言語」をボトムアップに体系化していきます。 また、世界中の事例の調査も行っています。

みっつめは、デジタル・ファブリケーションから生み出される、未来の都市空間・都市生活のビジョンを妄想・創造することです。情報技術により都市を最適化する「スマートシティ」の流れが進んでいるなか、ファブ技術は都市の物質面の更新、そして資源循環圏の実装を担います。大学の研究室らしく、常に「10年先の未来」の妄想を絶やさず、自らを更新し、発信し続けることを試みます。

研究室には、エンジニアリング系の学生とデザイン系の学生が共存しており、「つくる」という活動を通じ、呪われた「文/理」の壁を壊しながら、現代にふさわしいタフネス(強さ)とフラジリティ(弱さ)を兼ね備えたデザインエンジニアを輩出しています。卒業生の多くはデザインイノベーションファームで働いており、自身でデザイン・テックベンチャーを起業する学生も続々と登場しています。(2020.8.1)

Movies

Creativity Support Tools

Featured Projects (2005-)

Special Exhibitions (2005-)