About

About

 

研究室概要研究室概要
履修希望の方へ履修希望の方へ
共同研究希望の方へ共同研究希望の方へ
BOOKSBOOKS

 
htanaka

田中浩也

環境情報学部 教授
博士(工学)  社会基盤工学

1975年 北海道札幌市生まれ デザインエンジニア/ソーシャルエンジニア。専門分野は、デジタルファブリケーション、3D設計/生産/製造システム、創造性の科学と文化およびその支援。モットーは「技術と社会の両面から研究すること」。

京都大学総合人間学部、同人間環境学研究科にて建築CADを研究し、建築事務所の現場にも参加した後、東京大学工学系研究科博士課程にて、画像による広域の3Dスキャンシステムを研究開発。最終的には社会基盤工学の分野にて博士(工学)を取得。2005年に慶應大学環境情報学部(SFC)に専任講師として着任、2008年より同准教授。2016年より同教授。

2010年のみマサチューセッツ工科大学建築学科客員研究員。2011年に社会実装拠点として国内初・アジア初のファブラボを鎌倉に開設、2012年に研究開発拠点として慶應義塾大学SFC研究所ソーシャルファブリケーションラボを設立、以後代表を務める。

2013年には第9回世界ファブラボ会議(横浜)実行委員長、2015年には第1回FabLearnAsia会議(横浜)実行委員長、第2回International Conference on Digital Fabrication委員長など、国際会議のオーガナイザーを経験。現在は、文部科学省COI「感性とデジタル製造を直結し、生活者の創造性を拡張するファブ地球社会」研究リーダー補佐兼プロセス・テクノロジー・グループリーダー。

また、日本グッドデザイン賞を3度受賞。他、文部科学省NISTEPな研究者賞、未踏ソフトウェア天才プログラマー/ スーパークリエイター賞をはじめとして、受賞多数。総務省情報通信政策研究所 「ファブ社会の展望に関する検討会」座長、経済産業省「新ものづくり検討会」委員、「新ものづくりネ ットワーク構築支援事業」委員、総務省情報通信政策研究所 「ファブ社会の基盤設計に関する検討会」座長等を歴任し、政策提言にも携わっている。

・田中浩也 個人プロジェクト・デザインユニット” tEnt” (2004-2009) http://tent-info.com/

・ファブラボジャパン http://fablabjapan.org/

・ファブラボアジア http://www.fablabasia.org/

・共同研究は COIプロセス・テクノロジー・グループhttp://www.fabtechs.co/ へ

研究室概要
田中浩也研究室は、「Fab 技術による未知のデザインの研究室」です。3Dプリンタやレーザーカッターなどデジタル工作機械の可能性を探求しながら、それを使いこなす際に必要となる、「デジタルとフィジカルを自由に横断し、自在に結合する新しい創造性=FAB」の力を磨き、その力によって未知のデザインを開拓しています。
世界をフシギでオモシロイものでかたどる
田中研のモットーは「世界をフシギでオモシロイものでかたどる」です。
Unknown(= 未知のもの ) を Known(= 既知のもの ) に変えることが従来の学校教育であるならば、田中研はその逆のベクトルを目指します。世の中にありふれてしまったものをまた別の視点から捉え直し、まだ誰も見たことがないようなフシギでオモシロイものを作っていく。そのような営みの先には今よりもっとワクワクするような世界が待っているはずです。それも単なる絵空事ではなく、田中研のメンバーは日々批評的な目を養うことによって、現実の地続きにあるような未知のフィクションを描きながら研究活動を行なっています。
Fab Techs
未知のものづくりをするためには未知のツールが不可欠です。
田中研には 3D プリンタやレーザーカッターをはじめとするありとあらゆるデジタル工作機械が設置されており、日々それらのツールが持つ可能性を模索しています。さらにそれだけに留まらず、ツールそのものからデザインする取り組みもなされており、研究室内で開発されたツールを使って新しいものづくりが試みられています。エンジニアとデザイナーの役割が入り乱れ多様な価値観が融け合っているこの「混沌さ」は田中研の一つの魅力であり、未知のものが生み出される風土がここに根付いています。
Fab Driven Design
Fab” でしかできない ” ようなデザイン、カタチ、サービスの在り方を模索し、さまざまな現場で実装しています。
看護 / 建築 / 食 / アートなど、Fab との乗算によって可能性の拡がる分野は未知数です。この SFC という土壌を活かして多分野とコラボレートしながら、 5 年 〜10 年先の未来を先取りする活動を展開しています。また、企業との共同研究や海外留学生の受け入れ、文部科学省 COI (Center of Innovation) プロジェクト(fabtechs.co)やファブ地球社会コンソーシア ム (coi.sfc.keio.ac.jp) など、コラボレーションの領域は次々と拡大しています。
履修希望の方へ
田中浩也研究室では、没頭してモノやシステムをつくったり、繰り返して実験したり、展覧会を通して社会展開するのが好きな学生を募集しています。また、仲間や外部コラボレーターとのコミュニケーションを大切にし、チームでより大きな成果を出すことにもこだわります。社会性を持ったデザイン・エンジニアを育成する場所です。
選抜の方法
田中浩也研究室に入る前に、SFC生であれば、メディアセンターFabSpaceで自由に触れることのできる3Dプリンタやファブ技術を体験してきてくれることを期待します。また、研究室の共通言語である「Fab」「FabLife」「SFを実現する」の3冊の書籍を読破してきてもらいたいと思っています。
大学院生
田中浩也研究室には、学外からも、海外からも、多様な大学院生が集まってきます。近年は社会人大学生も多く在籍しています。充実したFAB機材を使いこなしながら、フットワーク軽く国外にも出かけて、どんな状況でもプロジェクトを牽引できる、真のイノベーターに成長するチャンスです。
共同研究希望の方へ
文部科学省COI (Center of Innovation)プロジェクト(fabtechs.co)、ファブ地球社会コンソーシアム(coi.sfc.keio.ac.jp)を 通じて多数の企業と共同し、デジタルファブリケーションに関する新しい試みをともに立ち上げています。
BOOKS
  • monohadonomini
  • beforafter
  • 51WF6wBLxEL._AA324_PIkin4,BottomRight,-47,22_AA346_SH20_OU09_
  • 2040
  • book0
  • book11
  • book12
  • book4
  • book10
  • book6
  • book7
  • book9