PROFESSOR

田中 浩也 <たなか ひろや>

1975年 北海道札幌市生まれ デザインエンジニア/ソーシャルエンジニア
京都大学総合人間学部、同人間環境学研究科、東京大学工学系研究科社会基盤工学専攻修了。博士(工学)。2005年に慶應大学環境情報学部(SFC)に専任講師として着任、2008年より同准教授。
2010年のみマサチューセッツ工科大学建築学科客員研究員。2011年に国内初・アジア初のファブラボを鎌倉に開設、2012年には慶應義塾大学SFC研究所ソーシャルファブリケーションラボを設立、代表を務める。
2013年には第9回世界ファブラボ会議(横浜)実行委員長。現在、文部科学省COI-Tサテライト「ディジタルファブリケーション国際研究拠点」慶應グループ研究リーダー。
総務省「ファブ社会の展望に関する検討会」座長、経済産業省「新ものづくり検討会」委員、「新ものづくりネットワーク構築支援事業」委員等を歴任。専門分野は、3Dとネットワークを結びつけた創造性支援。受賞多数。

LABORATORY

3Dプリンタやレーザーカッター等、デジタルファブリケーション機器を備えた実験的な市民工房=Fab Labのネットワークは、 世界60カ国300箇所以上に広がっています。FabLabは、生活者が「受動的な消費者」から「創造的な生産使用者」へと成長していく一助となり、 またニッチながら輝くアイディアをカタチに落とし込み、イノベーションを促進する次世代の「国際的インフラ」です。

慶應義塾大学SFC田中浩也研究室は、Fab Labを深化・進化させる研究を行うための大学研究室(Fab Research)です。 国境を越えたFab Labのグローカルな連携を推進しつつ(第9回世界ファブラボ代表者会議)、 Fab Labという工房を効果的に運営するための「OS (Operating System)」(FABOS)を開発、 さらにはFab Labの理想的な空間レイアウトの研究(Fab-Space)や、都市全体にまで創造性を波及させる(Fab-City)の提案を行っています。

また、現在の3Dプリンタを越える究極の工作機械である「パーソナル・ファブリケーター」や、ローカルな文脈に合わせた独自の 「ファブ・マシン(Fab Machine)」、ロボットと融合した「ファブ・ドロイド(Fab droid)」、 それに付随する各種ソフトウェア(CFGプロジェクト)の実装を鋭意進めています。

大学院では、「新素材」「ソフトウェア(CAD/CAM/CAE)」「ハードウェア(工作機械)」「インターネット」の4分野を統合した研究を推進しており、 その領域を「Fabritronics (ファブリトロニクス)」と命名しています。

こうした技術の研究を通して、最終的には「ファブ社会」を実現したいというビジョンを描いています。

ENGLISH

sfc*sfc - 湘南藤沢拠点

35.386594, 139.428916

NU関内 - 横浜拠点

35.442554,139.641344