Kelvin Block
Kelvin Block
Kelvin Block
Paohedra
極小曲面編み
看護×FAB
FABrick Beehive
壊す・壊れる・壊される物

Professor

田中 浩也

環境情報学部 教授

1975年 北海道札幌市生まれ デザインエンジニア/ソーシャルエンジニア。専門分野は、デジタルファブリケーション、3D設計/生産/製造システム、創造性の科学と文化およびその支援。モットーは「技術と社会の両面から研究すること」。京都大学総合人間学部、同人間環境学研究科にて建築CADを研究し、建築事務所の現場にも参加した後、東京大学工学系研究科博士課程にて、画像による広域の3Dスキャンシステムを研究。最終的には社会基盤工学の分野にて博士(工学)を取得。2005年に慶應大学環境情報学部(SFC)に専任講師として着任、2008年より同准教授。2016年より同教授。

2010年のみマサチューセッツ工科大学建築学科客員研究員。2011年に国内初・アジア初のファブラボを鎌倉に開設、2012年には慶應義塾大学SFC研究所ソーシャルファブリケーションラボを設立、以後代表を務める。
2013年には第9回世界ファブラボ会議(横浜)実行委員長。現在、文部科学省COI「感性とデジタル製造を直結し、生活者の創造性を拡張するファブ地球社会」研究リーダー補佐。

日本グッドデザイン賞2回、NISTEPな研究者賞、未踏ソフトウェア天才プログラマー/スーパークリエイター賞をはじめとして受賞多数。総務省情報通信政策研究所 「ファブ社会の展望に関する検討会」座長、経済産業省「新ものづくり検討会」委員、「新ものづくりネットワーク構築支援事業」委員、総務省情報通信政策研究所 「ファブ社会の基盤設計に関する検討会」座長等を歴任し、政策提言にも携わる。


Laboratory

田中浩也研究室の目的は、「フィジカルな世界(p)」と「デジタルな世界(d)」との距離がかつてなく近づき、相互に変換が可能になる「フィジタルな近未来(pd)」を迎えるにあたり、人間の世界認識や生活、社会活動や経済活動がどのように変われる可能性があるかを実践を通じて検討・検証することです。特に、フィジカルをデジタルに変換する3Dスキャナや各種センサ、逆にデジタルをフィジカルに変換する3Dプリンタやレーザーカッター、それらを制御するマイコンボードやプログラミング技術などを駆使して、性質の異なる2つの世界を自由に横断し、結合する新しいタイプの『創造性』を掴むことを活動の軸としており、その創造性こそを「ファブ(FAB)」という名前で呼んでいます(SFCファブキャンパス公式サイトはこちら)。

第1期田中研(2005年~2009年)では、センシングやフィジカル・コンピューティング技術を中心に、第2期田中研(2011年~2015年)は、デジタルファブリケーションを中心に研究を行ってきましたが、第3期(2016年~2020年)は、キャンパス外のフィールドにより積極的に繰り出して、実際の現場で複数の要素技術の統合を進めると同時に、さらに機械学習、生物学や博物学の知見を取り込んだ「ものゲノム」プロジェクトを推進します。そして、ライフワークとして取り組んでいる「環世界テクノロジー」コンセプトの理論化と確立を目指します。

なお、本ページは、学部・修士・博士学生を中心とする慶應義塾大学SFC田中浩也研究室のページです。
複数の教員で共同運営するSFC研究所ソーシャルファブリケーションラボはこちら
文部科学省COI「感性とデジタル製造が直結し、生活者の創造性を拡張するファブ地球社会」研究プロジェクトはこちら
ファブラボジャパンネットワークはこちら
ファブラボアジアファウンデーションはこちら

 

 

入学希望者、共同研究、取材のお申込みの際には、事前に下記の著書をお読みいただきますようお願いします。

ENGLISH

sfc*sfc - 湘南藤沢拠点

35.386594, 139.428916

NU関内 - 横浜拠点

35.442554,139.641344