Kelvin Block
Kelvin Block
Kelvin Block
Paohedra
極小曲面編み
看護×FAB
FABrick Beehive
壊す・壊れる・壊される物

Professor

田中 浩也

1975年 北海道札幌市生まれ デザインエンジニア/ソーシャルエンジニア。専門分野は、設計/生産システム。
京都大学総合人間学部、同人間環境学研究科、東京大学工学系研究科社会基盤工学専攻修了。博士(工学)。2005年に慶應大学環境情報学部(SFC)に専任講師として着任、2008年より同准教授。
2010年のみマサチューセッツ工科大学建築学科客員研究員。2011年に国内初・アジア初のファブラボを鎌倉に開設、2012年には慶應義塾大学SFC研究所ソーシャルファブリケーションラボを設立、代表を務める。
2013年には第9回世界ファブラボ会議(横浜)実行委員長。現在、文部科学省COI「プロセステクノロジー」グループリーダー。
総務省情報通信政策研究所 「ファブ社会の展望に関する検討会」座長、経済産業省「新ものづくり検討会」委員、「新ものづくりネットワーク構築支援事業」委員、総務省情報通信政策研究所 「ファブ社会の基盤設計に関する検討会」座長等を歴任し、政策提言を行う。グッドデザイン賞をはじめ受賞多数。


Laboratory

田中浩也研究室は、第1期(2005年~2009年)は、フィジカル・コンピューティングを中心に「生物×IoT」を研究していました。
第2期(2011年~2015年)は、ソーシャル・ファブリケーションを中心に、「情報と物質」「幾何学と材料」を結び付ける方法を開拓しました。

そのなかで提唱した「ソーシャル・ファブリケーション」のビジョンは、いま日本・アジア・世界へと広がっています。

若く意欲ある学生の集う慶應義塾大学SFC田中浩也研究室は、デジタルファブリケーションの次なる可能性を、いち早く深化・進化させる研究を行うための大学研究室であり、ファブラボジャパンネットワークに登録された(ファブリサーチ(Fab Research/地域のファブラボと協働する大学研究室)のひとつです。日常からキャンパス内外を繋ぎながら活動しています

キャンパスにおける活動スタイルは、若い学生の、自由で斬新で、時に逸脱し、時に無謀なアイディアを全面的に支援することにあります。ファブ技術とは、人の夢・想像力・妄想力をカタチにするものに他なりません。無数の失敗を許容するところもファブの良いところです。現在は、「看護・介護・医療」「建築・都市」「教育・玩具」の3つの領域を対象としつつ、デジタルファブリケーションが究極的に活用される未来をプロトタイピングしています。

大学院では、「(バイオマテリアルを含む) 新素材」「ソフトウェア(CAD/CAM/CAE)」「ハードウェア(工作機械)」「インターネット」の4分野を連携した研究を推進しており、文部科学省COIプロジェクトの中心を担っています。

第3期(2016年~2020年)では、さらにバイオマテリアルの研究を加え、さらに進化したファブリケーションを目指します。

 

 

入学希望者、共同研究、取材のお申込みの際には、事前に下記の著書をお読みいただきますようお願いします。

ENGLISH

sfc*sfc - 湘南藤沢拠点

35.386594, 139.428916

NU関内 - 横浜拠点

35.442554,139.641344