(6-1) Academic Results


Publication – 2009

    *“Inoribi: emergence of “windows” and “mirrors”",Tatsuma Segawa, Hiroki Ito, Masaya Doi,Machi Miyahara, Hiroya Tanaka, TEI’10(Explorations) at MIT Media Lab, Boston 2010.1
    *“Plant Feeling Light: A Lighting System Working with Plant Biorhythms.”,Satoshi Kuribayashi, Takaki Kimura,Hiroya Tanaka, ACE 2009, Creative Showcase.
    *”Texmoca”, 関根 雅人(招待講演), 田中 浩也,エンタテイメントコンピューティング2009SIGGRAPH 2009 E-Tech Reprise, 2009/9/17
    *”texmoca”, masato sekine, kyoko kuroda, tatsuma segawa, hiroya tanaka, siggraph2009 emerging technology
    *”ene-geometrix”:熱対流現象を利用した流体装飾インスタレーション,関根 雅人,田中浩也,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 14(2009), No. 3 pp.335-342.
    *植物を用いたインタラクティブシステムの構築支援環境,栗林 賢, 坂本 雄祐, 田中浩也,コンピュータソフトウェア/Vol.26/No.1/2009
    *植物の生体信号と連携したブログ生成システム“ 緑さん ”の開発, 栗林 賢, 瀬尾 浩二郎, 本間 哲平, 田中 浩也,情報処理学会論文誌/Vol.50/No.12(テクニカルペーパー)
    *生物の群動モデルを参照した自律的サウンドシステム,石塚 賢,田中浩也,インタラクション2009ポスター発表,March.2009.

Publication – 2008

    *“bogs” : 人工筋肉,人工皮膚を用いた動 的,触覚的インスタレーション作品群, 高橋 征資, 田中 浩也,日本バーチャルリアリティ学会論文誌 第13巻 第3号 2008年 09月,pp.393-400
    *Pocket Plantio: Portable Pots to Create Intimate Interactions between Humans and Plants, Satoshi Kuribayashi, Yusuke Sakamoto, Hiroya Tanaka, Workshop on Designing Cute Interactive Media, DIS’08, South Africa/Capetown,2008/2/24
    *Dream Shower (Maker Faire 08出展), Satoshi Kuribayashi, Masato Takahashi, Yusuke Kamiyama, San Mateo Country Expo Center/USA, 2008/5, Editor’s choice選出
    *植物とのコミュニケーションを支援するインタフェースの構築, 栗林 賢, 田中 浩也, 第47回ヒューマンインタフェース学会研究会「コミュニケーション・共生および一般」,日本/沖縄,2008/5/12-13
    *”SKYLIGHT:雲を用いた描画行為による想像力/創造力支援”, 中村 元宣,五十畑文彦,田中 浩也, インタラクション2008 ポスター発表
    *”SKYLIGHT: A cloud drawing tool that expands imagination”, Motonori Nakamura,Hiroya Tanaka, 2008 ASIAGRAPH in Shanghai ポスター展示
    *”Sunset touch:静止画像から再演する内部侵入型ディスプレイ ~画像内の雰囲気の再現象化~”, 根本 和,田中 浩也, インタラクション2008 ポスター発表
    *”bogs” : Performance Tools Making Use of Artificial Muscle and Prosthetic Skin “,Masato Takahashi, Design & Emotion Conference 2008, ポスター展示
    *”Oto-Shigure: An Umbrella-Shaped Sound Generator for Musical Expression”, Yusuke Kamiyama, Mai Tanaka, Hiroya Tanaka, NIME2008, イタリア/ジェノバ、2008年6月
    *”I/O Plant: 植物とのインタラクション設計支援環境の構築”, 栗林賢,坂本雄祐,田中浩也, 第15回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ, 日本/長崎, 2007年12月.

Publication – 2007

    *持ち運び可能な傘型仮想音響場生成デバイス(The portable umbrella device generating virtual sound field),神山友輔,田中舞,田中浩也, WISS2007デモ発表(最優秀デモンストレーション賞受賞)
    *日常的なロコモーション・キャプチャリングのコンテンツ制作への応用,田中 浩也,池田 秀紀,日本バーチャルリアリティ学会論文誌 第12巻 第3号 2007年 09月,pp.331-342.
    * Hiroya Tanaka, Satoshi Kuribayashi, “BOTANICAL INTERFACE DESIGN -CREATIVE KITS, TOOLS, AND METHODS-”, 3rd IET International Conference on Intelligent Environments (IE 07).
    * Masato Takahashi, Hiroya Tanaka, “Bog -Instrumental Aliens”, SIGGRAPH 2007.
    * Hiroya Tanaka, Hisakazu Hada, Jin Mitsugi, Koga Tamamura, YusukeKamiyama, Ryo Kinase:”ACTIVITY WEATHER”- RFID-based Visualization of Urban Dynamics in the style of “Weather-Map”, CUPUM (Computers in Urban Planning and Urban Management), 2007
    * Masato Takahashi, Hiroya Tanaka, “Bog -Instrumental Aliens”, NIME 2007.
    * Satoshi Kuribayashi, Yusuke Sakamoto, Maya Morihara, Hiroya Tanaka, “Plantio: An Interactive Pot to Augment Plants’ Expressions”, ACM ACE 2007.
    * Hiroya Tanaka, Yusuke Murata, “Augmented Nature: Activated, Actuated and Animated Small Natures with Pervasive Computers”, CHI, 2007.
    * Satoshi Kuribayashi, Yusuke Sakamoto, Hiroya Tanaka: “I/O Plant: A Tool Kit for Designing Augmented Human-Plant Interactions”, CHI, 2007.
    * 田中浩也、木名瀬遼、玉村広雅、神山友輔: “Activity Weather: 天気図メタファを用いたイベント情報の可視化”, バーチャルリアリティー学会・ウェアラブル/ユビキタスVR研究会(2007 年6 月)
    * 神山友輔、田中舞、田中浩也: “Oto-Shigure: 傘を用いた音響再生コミュニケーションシステム, バーチャルリアリティー学会・ウェアラブル/ユビキタスVR研究会(2007 年6 月)
    * 坂本 雄祐,栗林 賢,森原 まや,田中 浩也(慶應大) Pocket Plant:植物の生体反応を増幅する携帯型プランター、インタラクション2007、ポスター発表

Publication – 2006

    * Hiroya tanaka “Universal Modular Kit for Temporal Iinteractive Place in Public Spaces”, 2nd IEE International Conference on Intelligent Environments”,Greece, pp.431-440, 2006.
    * Hidenori Ikeda, Hiroya Tanaka , “GeoWalker : Locomotion-Data Visualization and Auralization”, ASIAGRAPH2006 ,pp.61-66, 2006.
    * Hiroya Tanaka, Macoto Cuhara, “Experimental Electronic Furniture with Natural Icicle Drops”, ASIAGRAPH2006 ,pp.73-pp.78, 2006.
    * 田中浩也, 池田秀紀, 「日常の2足歩行データに基づくキャラクター・アニメーションの創造支援」, WISS2006, 口頭発表
    * 栗林 賢,田中浩也, 「I/O Plants:植物の性質を利用した入出力インターフェース設計支援ツール」,WISS2006, デモンストレーション発表
    * 高橋征資,田中浩也, 音響生命インターフェイス”bog”を用いた”Ambient Sound Space”の構築, 第120回ヒューマンインタフェース研究会,島根,2006.
    * 佐藤李子,宇野瑞穂子,外池千尋,田中浩也, mizukusupli: にぎわいを感知・記憶・表現する装置, 第120回ヒューマンインタフェース研究会,島根,2006.
    * 海藤智史 田中浩也「仮設ユニットを用いた人間-環境系のデザインに関する研究 -北海道函館市での公共空間利用実験を事例に-」, 日本建築学会大会2006、口頭発表
    * 田中浩也(慶應大)、久原真人 (国際メディア研究財団), 「Climate Media: 気候・風土を応用したネットワーク型環境デヴァイス」, エンタテインメントコンピュータ学会2006、口頭発表
    * 池田秀紀 田中浩也,「GeoWalker:楽器化する身体」,エンタテインメントコンピュータ学会2006、口頭発表
    * 坂本雄祐,森原まや,内田有紀,田中浩也(慶応大),”wavy”:自然現象を用いた環境情報の表現, エンタテインメントコンピュータ学会2006、デモ発表
    * 栗林賢,田中浩也(慶応大),”I/O Plants:ガーデニング・コンテンツのオーサリングツール”,エンタテインメントコンピュータ学会2006、デモ発表+口頭発表
    * 田中浩也 池田秀紀, 「Locomotion-Based Serviveへ向けての基礎的検討」(招待講演), 日本バーチャルリアリティー学会サイバースペースと仮想都市研究会(第28回), pp.13-17.
    * 坂本雄祐 田中浩也 金山真悟 海藤智史, 「微小発電機構を用いた身体運動の可視化と記録」Visualization and record of physical motion with insignificant power generation system Yusuke Sakamoto Hiroya Tanaka Singo Kanayama Satoshi Kaito, 情報処理学会エンタテインメントコンピューティング研究会 第3回研究会,2006年3月13日(月) 口頭発表

Publication – 2005

    * Hiroya Tanaka, Ryosuke Shibasaki “3-D Spatial Behaviours of Urban Lives -A smart mobile mapping and visualizing system-”, CUPUM2005 (Computers in Urban Planning and Urban Management), London, 2005, June29-July1.
    * Hiroya Tanaka “QR-QB: Camouflaged Interfaces in Natural Environment”, Ubicomp2005, Poster Presentation.
    * Takashi Matsumoto, Hiroya Tanaka, Naohito Okude, “QR-QB and Z-agon: An Integration of A 2D-barcode Cube and A Cubic Display Device”, Ubicomp2005, Poster Presentation.
    * Onishi, R., Akiyama, Y., Shibasaki, R., Tanaka, H. study on monitoring method of urban commercial area, The 26th Asian Conference on Remote Sensing(CD-ROM), 2005-11
    * Yoshinori IWAMOTO、Yu FUJIMOTO、Hiroya TANAKA、Ryosuke SHIBASAKI, “Research and development data management system by using geospatial information for Archaeological studies”、Asian Conference on Remote Sensing 2005
    * 中嶋志保里、田中浩也,「トラベリングバーカウンタープロジェクト ―公共空間実験の過程と考察―」, 湘南藤沢学会第4回研究発表大会、 口頭発表+ポスター発表
    * 田中浩也,「ネイチャー・センスウェア」,環境芸術学会第6回大会(札幌)、口頭発表+ポスター発表
    * 久原真人、田中浩也 ,「風景への参与を目的としたデザイン考現学の実践」,環境芸術学会第6回大会(札幌)、口頭発表+ポスター発表
    * 藤本 悠、田中浩也、泉 拓良, “レバノン・ティール遺跡における遺跡空間の表現手法に関する研究”,日本文化財科学会第22回大会研究発表要旨集、22、pp.90-91,2005
    * 藤本 悠, 田中浩也,上田泰司, 丸山卓磨, 碓井照子, “考古学における文化財の分布調査手法の開発と実践-奈良市獅子・狛犬調査研究プロジェクト概要報告-”(日本GIS学会、2005年10月)
    * 田中浩也,柴崎亮介,” GeoWalker -都市の地形と身体運動の記録と再現-”, Interaction2005, Poster Presentation.
    * 田中浩也、柴崎亮介, TrecTrac: 3次元都市における地形と身体のインタラクション記述, 第24回 サイバースペースと仮想都市研究会会(主催:日本バーチャルリアリティ学会主催),2005年2月, 2005年